積極的な生徒指導の推進                      〔指導課〕

 積極的な生徒指導の推進     
−山口県立豊北高等学校−

1 学校紹介2 年間実施計画3 本校の生徒指導4 本校の教育目標・努力目標
5 具体的な取組み6 実践を通して参考資料
実  践  の  ポ  イ  ン  ト
校訓(Our Motto)「One for All ; All for One」精神に基づき、感動と喜びのある「生徒一人ひとりが主人公」の学校づくりに努める。
全教職員の共通理解に立った全体指導体制の下で、生徒一人ひとりの人格を尊重し、基本的な生活習慣、自律的な生活態度、思いやりの心や公共心を育てる。
一人ひとりを大切にする教育相談活動の充実に努め、人間関係づくりを支援する。
幼稚園、保育園をも含む小・中・高による地域連携を推進する。
生徒の社会体験を促すボランティア活動を充実させる。

1 学校紹介
 本校の所在地豊北町は山口県の西北部に位置し、西と北の2面を長い海岸線によって囲まれ、内陸部は、丘陵と低い山が大部分を占めている。恵まれた自然環境の中で、落ち着いて勉学や部活動などに集中でき、生徒一人ひとりが個性を伸ばし、豊かな自己実現を果たすことができる学校である。
 また、幅広い進路希望を持った生徒に対応するために多くの選択科目を設け、丁寧で適切な個別指導を実施している。

<学校風景>

 TOPへ戻る

       
2 年間実施計画
生徒指導課年間実施計画(別紙1)
学校行事 生徒会行事 注   意 風紀指導 LHR 調査  ・許可 応援関係 教育相談 出  張 補 導 交通指導・地域事業
4 始業式 対面式・部紹介 始業式(2・3年) 指導ポイント掲示 禁煙指導計画 個人写真 応援方針 自転車通学許可調査
入学式 オリエンテーション 入学式(1年・保護者) 登校指導計画(1) 交通安全指導計画 クラス写真 応援協力金徴収 交通指導計画(1)
生徒総会(予算) 頭髪服装検査 薬物教室指導計画 通学方法調査
5 文化祭諸準備 更衣前指導 通学路危険箇所報告(県) 応援委員選出 地域フォーラム(豊田町) 下関市高指連幹事会
中途退学未然防止調査(県) 豊北町生指連協議会 車中指導 交通安全指導
地域連絡協議会(滝部) 自転車車体検査
生徒指導連絡会議(県)
6 更衣 文化祭 月頭朝礼(更衣) 更衣後指導 応援団結成 下関市高指連幹事会 交通安全指導
薬物乱用防止キャンペーン 頭髪服装検査 応援計画作成 車中指導 研究委員会の開催
交通安全標語の募集
7 終業式 クラスマッチ 終業式(夏季休業中) 夏季休業中の心得 応援準備 下関市高指連幹事会 心肺蘇生法講義
野球応援 生徒総会 アルバイト・旅行願い 野球応援 学警連協議会(豊浦郡) 合同巡視
役員改選 豊北町生指連協議会
中高連絡協議会
8 登校日 問題行動への対応点検(県) 合同巡視
9 始業式 新生徒会認証式 始業式 登校指導計画(2) 交通安全教室 収支決算報告 下関市高指連幹事会 交通安全教室
体育祭 赤い羽根共同募金 頭髪服装検査 エイズ教育後援会 合同巡視 合同街頭指導
交通安全計画(2)
街頭指導(マスコット) 更衣前指導 車中指導 「たきべ安全マップ」作成
10 更衣 更衣後指導 禁煙教育 中途退学・処分調査(県) いじめ防止運動強調月間 下関市高指連幹事会
頭髪服装検査 地域連絡協議会(滝部) 車中指導
特別活動研究大会(県)
生徒指導連絡会議(県)
11 月頭朝礼(更衣) 薬物乱用防止教室 いじめ防止状況調査(県) 下関市高指連幹事会 交通安全指導
豊北町生指連協議会 車中指導
中高連絡協議会
12 終業式 生徒総会 終業式(冬季休業中) 冬季休業中の心得 下関市高指連幹事会
歳末助け合い運動 アルバイト・旅行願い 学警連協議会(豊浦郡) 合同巡視
街頭募金活動 車中指導
1 始業式 始業式 登校指導計画(3) 家庭学習の心得(3年) 下関市高指連幹事会 交通安全計画(3)
家庭学習中の注意 頭髪服装検査 豊北町生指連協議会 合同巡視 自動車学校巡視
車中指導
2 生徒会費決算 卒業式の注意 アルバイト・旅行願い 下関市高指連幹事会 交通安全指導
校則見直し調査(県) 車中指導 自動車学校巡視
服装頭髪検査
3 卒業式 生徒総会 終業式(春季休業中) 春季休業中の心得 地域連絡協議会(滝部) 合同巡視 自動車学校巡視
学力検査 クラスマッチ 仮入学注意 反省と提言
終業式 リーダー研修
仮入学準備

 TOPへ戻る


3 本校の生徒指導
 本校では、以下のような方針で生徒指導にあたっているが、過去2年間(平成14・15年度)は問題行動や不登校、中途退学などの生徒指導上の問題は特に発生していない。学校の様々な活動による働きかけもあるが、地域の特徴として家庭での教育力の高さが考えられる。核家族化が進んでいる中、大家族の家庭が多く、そのため人を思いやる心の育成が素地にある。よって、一人ひとりの行動において、各自で理性をもち、歯止めをかけることが多いため、大きな問題に発展しにくいと考えられる。

  山口県立豊北高等学校生徒指導課方針

生徒指導にあたる基本的な態度
 1 生徒一人ひとりの人格を尊重し、個性の伸長を図る。
 2 全教職員の共通理解に立った全校指導体制の下、指導に取り組む。
 3 教師と生徒とのふれあいを大切にする。
 4 生徒指導及び教育相談、ボランティア活動に関する研修を深め、共通理解を図るとともに、指導力の向上に努める。
 5 保護者や地域社会、関係機関との連携を密にする。

方針
 1 自主的な集団活動を支援しつつ、自治能力と自浄力を育てる。
 2 基本的な生活習慣を身に付けさせ、規律ある生活態度を養う。
 3 学年集団、教育相談、保健体育課等との校内の連携を深める。
 4 保護者、地域社会、関係機関との連携を密にする。
 5 非行防止の事前教育を徹底し、問題行動を減少させる。
 6 問題行動を起こした生徒には、厳正な指導を行うとともに、事後のフォローを充実する。
 7 問題行動を個人だけの問題にせず、学校全体の問題としてとらえる。
 8 学力向上を保障できる学校環境の整備を図る。
 9 関係資料を収集し、生徒及び保護者、地域社会への情報の提供に努める。
 10 必要に応じて、校則の見直しを行う。
 11 問題を持っている生徒の早期発見・早期対応に努める。
 12 生徒会、ボランティア委員会、ボランティア研究会、家庭クラブとの連携を密にし、校外でのボランティア活動に積極的に参加するよう努める。
 13 チャレンジ目標を設定し、生徒が自主的に活動できる機会を与える。
〈平成16年度チャレンジ目標〉
 知:読書の推進
 徳:遅刻0週間の設定
 体:う歯未治療0運動
 情:ボランティア活動への積極的参加

 TOPへ戻る


4 本校の教育目標・努力目標
〈教育目標〉
 知・徳・体・情の調和のとれた教育内容を基調とし、豊かにして質実な校風の樹立に努める。

 校訓の精神に基づき、感動と喜びのある「生徒一人ひとりが主人公」の学校づくりに努める。

〈努力目標〉
 1 学習指導の充実
 基礎・基本を重視し、個に応じた学習指導を推進するとともに、生徒一人ひとりが自ら学ぶ意欲や考える力を養い、主体的な学習を展開するための指導方法の工夫・改善を図る。
 また、「学力向上フロンティアハイスクール事業(3年間)」に取り組む。
 2 自律(自立)心を育てる生徒指導の展開
 全教職員の共通理解に立った全体指導体制の下で、生徒一人ひとりの人格を尊重し、基本的な生活習慣、自律的な生活態度、思いやりの心や公共心を育てる。
 3 教育相談活動の充実
 一人ひとりを大切にする教育相談活動の充実に努め、人間関係づくりを支援する。
 4 進路指導の強化
 3年間を見通した進路指導体制を確立し、生徒の職業観や主体的な進路選択力を育てる。
 5 人権教育の深化
 人権に対する理解を深め、人権を尊重する態度と豊かな感性や実践的な人権感覚を育てる。
 6 特別活動・部活動の充実
 特別活動を通じて生徒の個性を伸長し、豊かな人間性を育てるとともに、集団の一員としての自覚を深めさせる。
また、部活動の振興を図り、活力と特色のある学校づくりに努める。
 7 健康・安全教育の推進
 基礎体力の向上を図り、スポーツ活動を推奨し、心身ともにたくましい生徒の育成に努めるとともに、健康管理及び安全管理の徹底を図る。
 また、交通安全教育を推進するため、「交通安全教育実践地域事業(2年間)」に取り組む。
 8 情報教育の推進
 国際化・情報化社会を踏まえた情報教育を推進する。
 9 環境整備の推進 
 教育環境を整備し、地域社会との連携を図り、総合的な学習の時間等を通して体験的な学習を推進する。

 TOPへ戻る


5 具体的な取組み
 生徒が安心して学業や学業以外の諸活動に取り組み、個性を発見し可能性を広げることができる学校づくりをめざし、次のことに取り組んでいる。
(1) 風紀指導 
 仮入学時に本校校則である「学校生活の決まり」を配布し、本校風紀指導についての説明を行う。教員に対しては、「指導のポイント」を配布し、年度当初に共通理解を図る。学期に1〜2回の頭髪服装検査を実施し、違反者や累積者に対しては厳しい指導を行う。また、風紀委員と教員による登校指導を毎週1回行う。
(2) 交通指導
 本年度より2年間にわたって、文部科学省委嘱の「交通安全教育実践地域事業」の指定校となり、今まで行ってきた取組みについて、さらに計画的・総合的に進めている。自転車車体検査、交通安全標語の募集、交通指導計画など交通委員による積極的な活動を実施している。また、家庭クラブの協力の下、交通安全キャンペーン用マスコット製作・配布活動など地域との連携も図っている。以下、主な取組みについての実践事例を挙げる。
@「薬物乱用ダメ。ゼッタイ。キャンペーン」の実施
 6月26日が国連が定めた国際麻薬乱用撲滅デーであることから、山口県乱用防止推進員、山口県乱用防止指導員、豊浦健康福祉センター職員の指導の下、地域での啓発活動を実施した。

・実施日 平成16年6月22日(火)    
・時 間:7:50〜8:15
・場 所:丸和滝部店駐車場(豊北町)
・配 員:生徒指導課職員・交通委員・生徒会役員・有志生徒   
・内 容:啓発用Tシャツを着用し、のぼりを掲出。
 啓発用チラシ、ティッシュ、花の種等の配布
A 交通安全教室の実施
 交通委員による地元の「聞き取り調査」を実施。本校生徒の通学マナー全般について、インタビューし、声をテープに録音。20分程度に編集し、全校生徒に視聴させた。それについての講評を所管警察署交通安全課長にしていただき、その後講話をしていただいた。

・実施日:平成16年9月15日(水)
・時 間:14:20〜15:10
・講 師:小串警察署交通安全課
     課長 田中 憲治 氏
・場 所:本校体育館
・対 象:全校生徒239名
     教職員27名
・内 容:視聴テープ講評、事例紹介、質問等
B 秋の交通安全県民運動期間中の街頭指導
 所管警察署職員、地元交通安全協会の協力の下、街頭指導・マスコット配りを実施した。交通委員による交通安全スローガン"思いやりみんなですすめる交通安全"の掲示や家庭クラブ委員製作によるマスコット配りを実施した。

・実施日:平成16年9月28日(火)
・時 間:7:30〜8:10
・場 所:滝部踏切周辺(豊北町)
・配 員:生徒指導課職員・交通委員・生徒会役員・家庭クラブ委員
C「たきべ安全マップ」の作成
 滝部という地域の特性として、夕刻になると街灯も少ない通学路もあり、注意を喚起する看板等も少なく、危険個所といわれるような場所も多い。よって、通学経路の安全性や問題点について、地域・地元小学校との連携を深め"たきべ安全マップ"を作製し、今一度交通マナー全般について、生徒全員へ指導した。

・実施日:平成16年11月24日(水)
・時 間:14:45〜16:00
・場 所:地元小学校登下校区間(豊北町)
・配 員:生徒指導課職員・交通委員・風紀委員・有志生徒 
・内 容:小学生下校班25班に本校生徒1〜2名を帯同させる。チェックシートを作成し、危険箇所について記入していく。最終的に一枚のマップを完成させ、小学生に還元する。
(3) 生徒会活動
 本校の生徒会は非常に積極的に活動している。対面式や生徒総会、文化祭、クラスマッチなどの諸行事においての計画立案・運営など、指導力・実行力のある生徒が多い。生徒会執行部への入部の希望も多く、歴任する者も多い。実行した行事や活動計画について、リーダー研修を行い見直しや修正の議論もする。特に文化祭においては、半年前から委員会を立ち上げ計画的に行うなど、良い流れが伝統的に受け継がれている。
(4) 教育相談
 本校における教育相談は生徒指導課に所属する。教育相談室はあるが、ほとんどの生徒が保健室を利用する。悩みのある生徒の早期発見のため、生徒出欠表には毎日欠席・遅刻生徒を記名し、欠席が4日を超えた生徒については養護教諭を含めた学年での話し合いが行われる。それ以上の欠席が続く場合は、教頭・教務課長・生徒課長を含めた教育相談委員会を立ち上げ、状況についての情報交換を行い、迅速に対応を協議する。担任一人が対処することなく、出来るだけ多くの教員が関わり、柔軟な対応策を議論し、指導にあたっている。本校では不登校生徒はほとんどいないが、早期発見・早期対応によって、復学した生徒の事例もある。
(5) ボランティア活動
 豊北町は県内でもボランティア活動の盛んなところである。本校のボランティア研究会は平成9年度に発足した。現在30名の部員が活動している。この研究会は豊北町社会福祉協議会の本校担当者の方にアドバイスをいただき、家庭クラブ員や一般生徒と協力しながら、地域の福祉施設との交流や様々な福祉活動を続けている。
 総合的な学習の時間でのKindness(福祉・看護・ボランティア)コースを選択した生徒の活動も活発で、今年夏季休業中の地域のボランティア活動に参加する生徒は延べ150人いる。また、学校行事として、滝部小学校、豊北第一中学校と小・中・高合同による地域の清掃ボランティア活動も行っている。
※本校のボランティア研究会を中心とした活動一覧
・知的障害者授産施設「はまゆう園」の運動会への参加ボランティア
・知的障害者授産施設「はまゆう園」の文化祭での手作りみそ販売補助ボランティア
・特別養護老人ホーム「白滝荘」の訪問ボランティア(年間を通して)
・特別養護老人ホーム「白滝荘」の夏休み生活援助ボランティア
・文化祭での手話歌発表
・養護老人ホーム「松涛園」の夏祭りボランティア
・独居老人宅訪問ボランティア
・田耕保育園、阿川保育園、粟野保育園、角島、きらきら保育園での保育活動ボランティア
・やまぐちひまわり号への参加ボランティア
・高校生手話交流集会への参加
・田耕保育園の夏祭りボランティア
・グループホーム(ほのぼの、そまじ、タンポポ)への訪問ボランティア
・障害者就業施設「たまねぎハウス」作業体験
・手話講習会への参加、企画
・校内の美化活動
・社会福祉デイサービスの神玉和久地区夏祭りボランティア
(6) 特色ある学習活動
Nourish 北高PCVプロジェクトにより、下記の様な学習活動を実践している。
【フレッシュマンキャンプ】
 1年生で4月初めに1泊2日の集団宿泊を実施。英・数・国の予習や復習の学習指導、進路講演等を実施している。
【朝学の実施】
 全学年で、朝8:25〜8:40までの15分間の学習を行っている。英単語及び漢字の演習を中心として、朝の読書(小論文指導の一環として)も行う。3年間の基礎学習の一端となるよう指導している。
【発展的な学習の指導】
 進学のため、さらなる学習指導が必要な生徒には、教科担当を中心に発展的な学習指導を行っている。
【PS合宿】
 前期(7月中旬)、後期(1月下旬)に、進学希望者で2泊3日の勉強合宿を実施している。
【英単語選手権大会】
 学期ごとに英単語の総復習を行い、成績上位の者を表彰する。
【総合的な学習の時間】
 校訓モットー「One for All;All for One(自助・奉仕・創造)」の精神に基づいて、自分の在り方・生き方を探究するために、下記の4つの系列の「総合的な学習の時間」を実施している。 
KITA高系列
 ・Kindness コース(医療・保健・教育・福祉)
 ・Interest コース (人文科学・社会科学・芸術)
 ・Technologyコース(理学・工学・情報)
 ・Amenityコース(生活科学・生物・農学)
進路実現に向けての各学年の方針
  1年生 自己探究と職業観の育成(自分を見つめ、職業を知る)
  2年生 自己発見と進路の研究(自分を知り、地域社会を知り、進路先を知る)
  3年生 進路の実現
(7) 学校行事の活性化
@ 文化祭
 平成16年度の文化祭を6月6日(日)に一般公開で行った。生徒会主催で「Impulse☆魅せちゃれ!!北魂☆」をテーマに、OB、OGや保護者の方々にも多数御来校いただいた。手話による歌の披露や地元の知的障害者福祉施設「はまゆう園」のみそ販売を行うなど地域の方々とのコミュニケーションがとれた。
A クラスマッチ
 生徒会主催による行事であり、内容等についてのアンケートを実施し、企画・運営等すべて自主的な活動によるものである。
B 野球応援
 各クラスの応援委員と有志生徒により応援団を結成し、6月下旬より活動した。1年生への校歌指導や、吹奏楽部との協力を通して、愛校心の萌芽と団員同士の自治活動の大切さを体験した。本校の諸行事においての全校生徒の校歌斉唱は伝統となっている。
C 体育祭
 毎年9月に実施。全校生徒と教員が3チームに分かれ、運動会形式で実施している。各色の応援合戦や部活動対抗リレーなど白熱した熱戦が繰り広げられる。また、地域の方々の自主参加による玉入れやPTA・職員リレーなどアットホームな雰囲気であるため、保護者をはじめ多くの観客が訪れている。
D ウォークフェスタ(遠足)
 毎年11月に実施。各学年で地域の清掃活動を兼ね探索を行うとともに、健康・体力の増進を図る。
本年度の計画は以下のとおり。
 3年(阿川駅〜大浦岳、8km)
 2年(学校〜土井が浜ミュージアム、18km)
 1年(みのりの丘〜狗留孫山、22km)

 TOPへ戻る


6 実践を通して
(1)成 果
 生徒指導全般については、校訓(Our Motto)「One for All ; All for One」精神がよい伝統として受け継がれているため、大きな変化はない。

問題行動等による処分等・・・平成14・15年度0件、平成16年度12月現在0件
不登校生徒・・・・・・・・・平成14・15年度0人、平成16年度12月現在1人
中途退学生徒・・・・・・・・平成14・15年度0人、平成16年度12月現在0人
部活動加入率・・・95%(14年度)、94%(15年度)、84%(16年度)
1年次からの各種ガイダンス、大学等の出前授業、各種学校での体験学習への参加及び小論文指導の充実などにより生徒一人ひとりが自ら学ぶ意欲や考える力を養うことができ、主体的な進路選択力を培っている。さらに、受験対策のエキスパート学習指導や勉強合宿など、生徒の幅広い進路に応じた、きめ細かな個々の学力向上につながる対応を行い、成果を上げている。
・・・別紙2参照
各種検定への積極的参加が目立つようになった。
英語検定・・・16年度受験者(23人)、現生徒有資格者(準2級30人、3級9人)
漢字検定・・・16年度受験者(23人)、現生徒有資格者(2級5人、準2級19人、3級10人)

「学力向上フロンティアハイスクール事業」の成果として、生徒の学習時間の増加が見込まれた。(生徒への学習アンケートの結果による)・・・別紙3参照
朝学・CSゼミ(基礎学力の定着を図る)の実施により、成績不審者の数が激減し、学習習慣が定着した。
「授業アンケート」を実施し、その結果をフィードバックするなど、主体的な学習を展開するための指導方法の工夫・改善を図った。
キャリア・インストラクター派遣事業(7・8・10月)、総合学習やフレッシュマンキャン
プなどを通して、体験的な学習を行い、生徒の勤労観・職業観を育てた。
(2)課 題
「生徒一人ひとりが主人公」の学校づくりという教育目標についての取組みがどの程度の効
果を挙げているのかを検証しなければならない。また、教職員による懇切過ぎる指導が生徒の自主性の低下や指示待ち症候群を招いてしまっていることも、教職員間で十分な議論をしなければならない。
全教職員の共通理解に立った全体指導体制の下での生徒指導を目標としているが、徹底で
きていない面も多く、教職員によって指導のレベルに違いがないようにしたい。
PTA・保護者の諸行事への積極的参加や小中高の合同清掃作業、ボランティア活動、交通
安全指導などを通した地域連携をもっと活発にして、地域の声を反映できるような「開かれた学校」を構築していく必要がある。
定員の減少による諸行事の精選や部活動の統廃合の議論が現実味を帯びてきており、地元中
学校とも連携しながら、先を見越した話し合いを活発に行わなければならない。
「チャレンジ目標」の設定だけに終わらず、新たな取組みを考え、結果を検証し、達成度を
確認していくまで深みをもったものにしていきたい。
(3)指導上の留意点
「文武両道」という学校の理念を守り、勉学も部活も両方頑張れる生徒の育成を目指すよう配慮する。
校則については「決まりは守る」という当たり前のことを当たり前のように行い、指導レベルは落とさないようにする。不合理な基準については変えていく柔軟性を持つ。
生徒の実態を十分に把握し、担任・学年・養護教諭等との情報交換を密にして、悩みを持つ
生徒の早期発見・早期対応に取り組む。
学校行事において教員と生徒のふれあいを大切にして、何でも話せるような雰囲気づくりに配慮する。
「ホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)」体制を徹底し、教員間の共通理解を徹底し、指導レベルの差が生じないようにする。
学校・家庭・地域社会が協働した取組みを推進し、関係諸機関との連携を密にする。
学校の規模にあった諸行事の精選を行うが、生徒の積極的な取組みについてはさらに奨励し
たい。
部活動の統廃合も考慮に入れるが、任意による生徒全員の部活動加入をめざし、活力と特色
ある学校づくりに努める。
取組みについての検証を行い、改善すべき点を話し合う。結果についてはフィードバックし今後にいかす。

 TOPへ戻る


参考資料
 別紙1(生徒指導年間計画)
 別紙2
 別紙3

 TOPへ戻る                   実践編へ戻る