このリンクで通常メニュー、コンテンツをスキップし、音声用コンテンツ本文へジャンプできます。
HOME>調査研究>共同研究>共同研究(ふれあい教育センター)
共同研究(ふれあい教育センター)

調査研究題目 カウンセリングマインドを生かした学級づくりに関する研究
調査研究期間 平成11年度から平成12年度まで

調査研究
協力員

小学校教諭3名、中学校教諭3名、高等学校教諭3名

調査研究の
目 的

  カウンセリングマインドを生かした担任教師の児童生徒へのかかわり方について実践的な研究をすすめることにより、児童生徒の自己実現を促進することに視点を置いた学級づくりの具体的な展開例を提示する。

調査研究の
内 容

1 「学級づくりにおける課題」の調査と考察 (対象:県下の小・中・高等学
  校の教員)
2 「カウンセリングマインドを生かした学級づくり」の在り方の検討
3 「カウンセリングマインドを生かした学級づくり」に視点を置いた実践
4 研究のまとめ