「まなびで“きびる”プロジェクト」令和2年度活動報告(ダイジェスト動画)

やまぐち教育先導研究室(通称YELL(エール))が取り組んでいる 「まなびで“きびる”プロジェクト」とは、Society5.0時代に対応した「新たな学び」を学校で実現するための教育プログラムを研究開発していくプロジェクト名です。
本プロジェクトでは「予定調和禁止」を合言葉に、県立学校(7校)の先生方に、ワクワクするような新たな視点のワークショップ(開発中の教育プログラム)を体験していただく研修会を5回実施しました。
この動画は、本プロジェクトに関わったスタッフや先生方の熱い思い、率直な声とともに、一年間の活動をダイジェストで紹介したものです。是非、ご視聴ください。

YouTubeにて限定公開(下の画像をクリックすると別画面で動画が再生されます)

 

令和2年度やまぐち教育フォーラム 講演(録画映像) 令和3年2月12日(金)開催

令和2年はコロナ禍への対応として、教育のICT化が急速に進み、新たな時代に対応した「まなび」の在り方を考えさせられる、まさに「まなびの潮目」を感じる一年でした。
今年度のやまぐち教育フォーラムは、新型コロナウイルスへの感染防止として全ての内容をオンラインで実施し、特に講演では「Zoomウェビナー」を使って、東京にいるファシリテーターが全国各地から4名のパネリストを順に招き入れて、それぞれのパネリストが感じている「まなびの潮目」についてトークを行いました。
オンライン開催だからこそ、一堂に会することができた多様なパネリストの貴重なお話を御視聴ください。これからの教育を考えるヒントが詰まっています。

YouTubeにて限定公開(下の画像をクリックすると別画面で動画が再生されます)

Dai5kai_Leaf 3